tohara-D | kai-kou.com





口を開ける力を可視化する
「開口力トレーナー KT2015」



HOME > interview > tohara-D

インタビュー:
東京医科歯科大学 高齢者歯科学分野 戸原 玄 准教授

tohara-DDS

どの様なコンセプトで、開口力トレーナーはできたのでしょうか?

はじめは、口を開く力をトレーニングしたい と、いうことで、訓練を始めました。
その結果、嚥下機能が良くなった という報告がでたので、口を開く力を実際に測定できたら、それが、訓練効果の指標として使えないか ということで開口力トレーナーを開発することになりました。

どんな人に使っていただきたいでしょうか?

実際にうまく飲み込めない患者さんに使っていただきたいです。
使用によりどれくらいの力を持っているのか、嚥下障害の特徴を見ることができます。
後は嚥下障害があると思われていない 普通の高齢者さんにも使っていただきたいですね。
ご自分で認識がなくても、実際に嚥下が悪い方も見つかるかもしれません。

使う側としては、STさんや衛生士さん、看護師さんなど、内視鏡等を使って検査できない方に使っていただきたいです。
患者さんの診断は経験にかなり依存してしまうので、STさんが経験ある方だと色々と情報がとれますが、新人さんだとそこまで情報がとれません。
この辺りの情報を数値化するといった意味で使っていただけるといいと思います。

開口力トレーナーを使うことにより どんな効果が期待できそうでしょうか?

先ほどと被りますが、潜在的に嚥下が悪い人がいるはずです。例えば、普通に生活していても、実は嚥下が悪い人。
開口力トレーナーを使って、嚥下が良くないとわかれば、リハビリ等の話ができます。
そのような方が、もっと悪くなる前に見つけることができます。

嚥下障害の要素は 歯、舌、のど、など幅があります。
その中で、口を開ける力が強いとか弱いというのは、今まで測れませんでした。
患者さんごとに適した訓練メニューがピンポイントで決めることが出来るので、訓練期間が短くなります。
そうすると、入院が短く済むかもしれないですし、さらに、医療費等の費用が減るかもしれません。

KTsem.tiff

SANY0096.JPG
開口力トレーナー

interview1

interview1

開発・発売元:リブト株式会社
東京都八王子市明神町4-9-1-301
TEL:050-3786-2624(代表)
FAX:03-6745-8077